セラミック治療

審美性と機能性を兼ね備えた
セラミック治療

審美性と機能性を兼ね備えたセラミック治療従来、強い力に耐えられ、熱さや冷たさ、酸性など様々なお口の環境に耐えうるものとして、虫歯で歯を削った際には銀歯などの金属の歯科材料が使われていました。
また銀歯であれば保険適用となるため、患者様にとって費用面で負担の少ない材料だったのです。

ですが、銀歯には見た目が悪いというデメリット以外にも、ずっとお口の中へ入れ続けることで金属アレルギーを引き起こすリスクがあるなど、様々な問題があります。
そのため、現在では銀歯ではなく、天然歯同様の白さと透明感が再現でき、さらに金属アレルギーの原因とならないメタルフリーの材料「セラミック」が選ばれるようになっています。

福岡市中央区の福岡天神ささだ歯科でも、患者様のお口の健康を守り審美性を高めるために、セラミックを使った治療を行っています。
銀歯の見た目に抵抗があったり、金属アレルギーなどの健康被害が心配な方は、一度当院へご相談ください。

セラミックは口腔内トラブルの予防にも繋がる

セラミックは口腔内トラブルの予防にも繋がるセラミックでは天然歯と比べても遜色のない白さ・透明感が出せますが、特徴はそれだけではありません。
例えば、表面が滑らかで汚れが付きにくいので、歯周病や虫歯の再発が抑えられる、また歯との適合性が高く、歯と接着する際に用いる接着剤との相性も非常に良いために隙間ができにくく、中へ虫歯菌が侵入しにくいなど様々な口腔内トラブルの予防に繋がるものなのです。

当院のセラミック治療の特徴

当院のセラミック治療の特徴一言でセラミック治療といっても、現在では様々な種類のセラミックが存在しています。透明感が非常に強いもの、強度に優れるもの、その中間といったように、それぞれに異なる特徴があります。例えば代表的なセラミックの種類に『ジルコニア』が挙げられますが、実は一言でジルコニアといっても、たくさんの種類があります。

当院では噛み合わせや支台となる元の歯の色や状態など、患者様一人一人にあった材質を見極め、ベストなセラミックを選択してご提供いたします。そのために様々な種類のセラミックに対応した道具や材料を取り揃えております。

また、1本の歯だけに注目して綺麗なセラミックを入れるだけでは、『木を見て森を見ず』の治療となってしまう場合があります。当院では、『森も見る』治療を行うために、Global Diagnosisによる検査を行い、患者様の顔貌や唇に調和したセラミック治療を行います。また、一本の歯を美しく修復するだけでなく、ホワイトニングを併用することで、前歯全体の美しさを演出します。

福岡天神ささだ歯科では、このような方法を用いて一人一人の患者様に最高の、そして幸福なスマイルをご提供いたします。実際に当院でセラミック治療を行った患者様から『思いっきり笑えるようになった、治療して本当に良かった!!』と言っていただけることが多く、それは私たちにとっても幸福なことです。

セラミック治療の
メリット・デメリット

セラミックは金属を一切使用せず、天然歯同様の白さ・透明感・明るさがあり、お口の中で自然に馴染みます。セラミック治療には、次のようなメリット・デメリットがあります。
メリットだけでなくデメリットもよく理解したうえで、治療を選択するようにしましょう。

メリット

  • 天然歯のような白さと透明感
  • 虫歯の再発リスクが抑えられる
  • 歯との適合性が優れている
  • 変色しにくく白さが長持ちする
  • 金属アレルギーの原因とならない
  • 歯茎の黒ずみが起こらない

デメリット

  • 保険適用外(自費診療)なので費用がかかる
  • 強い力が加わると割れたり、折れたりすることがある
  • 一生ものではなく、長持ちさせるには定期メインテナンスが必要

当院で取り扱う
セラミックの種類

ジルコニア

ジルコニア(酸化ジルコニウム)を使用した強度に優れたセラミックです。
金属を使わなくても奥歯などの強い力が加わる部位に使用できます。
最近では、透明度のあるジルコニアも開発されていることから、強度がありながら前歯にも使用でるほどの審美性が獲得できるものも登場しました。

メリット
  • 歯茎に対してもっとも優しく、歯茎に炎症を起こしにくい
  • 強度が優れているため、ブリッジなどにも使うことができる
  • 奥歯にも安心して使うことができる
  • セラミックを焼くときの焼成温度が高いことにより、長期間セラミックの色調が安定しやすい
  • 透明感が低い種類を選ぶことで、支台となる元の歯の色が暗い場合にその暗さを反映されにくくすることができる
デメリット
  • 硬度が高いので、噛み合わせの調整や研磨に時間がかかる

e-max(イーマックス)

透明感に優れた材料で、より天然歯に近い色合いが再現できます。
ご希望の白さに調節でき、前歯など目につきやすい部位におすすめです。

メリット
  • 透明感に優れている
  • 前歯にも安心して使用できる
  • 希望の白さに調節しやすい
デメリット
  • 透明感があるため、支台となる元の歯の色が暗い場合に反映されてしまう場合がある
  • 基本的にブリッジには向かない

セラミック治療の症例

Case1

術前

Case1 術前

術中

Case1 術中

術後

Case1 術後

術後の解説

セラミック治療・術後の解説

治療名 セラミック審美治療(ホームホワイトニング併用)
治療説明 上の横の前歯の見た目を改善することをご希望されました。
ホワイトニング後、オールセラミックで審美治療を行いました。
反対側の歯もレジンという材料で歯の形態を修正(歯を長く)しました。
見た目の改善を非常に喜んでいただきました。
治療回数・期間 7回(ホワイトニング含む)・3ヶ月
副作用とリスク 硬い物を不用意に噛んだ場合、セラミックは破折する可能性があります。
料金 20.9万円(ホワイトニングを含む)

Case2

術前

Case2 術前

ホワイトニング後

Case2 ホワイトニング後

術後

Case2 術後

唇との調和

Case2 唇との調和

解説

Case2 解説

治療名 セラミック審美治療(ホームホワイトニング併用)
治療説明 結婚式を間近に控え、早急に上の前歯の見た目を改善することをご希望されました。
ホワイトニング後、生まれつきの歯の形を修正するために、極力歯を削らずにオールセラミック(ラミネートベニア)で前歯2本に審美治療を行いました。
レジンという材料で歯の形態を修正(歯を長く)した箇所もあります。
口元の美しさも際立っています。
無事に美しい歯で結婚式を迎え、心より非常に喜んでいただきました。
治療回数・期間 7回(ホワイトニング含む)・2ヶ月
副作用とリスク 硬い物を不用意に噛んだ場合、セラミックは破折する可能性があります。
料金 36.3万円(ホワイトニングを含む)

Case3

術前

セラミック治療・術前

補綴物除去後

Case3 補綴物除去後

術中(※画像の色を編集しております)

Case3 術中

術後

Case3 術後

治療名 セラミック審美治療(歯茎の手術も併用)
治療説明 上の横の前歯の見た目を改善することをご希望されました。
歯茎の長さが不揃いだったため、歯茎の切開を行い、歯茎の美しさを獲得しました。
白い歯を入れるだけでなく、美しい歯茎も審美歯科にとって重要です。
その後オールセラミックで前歯4本に審美治療を行いました。
見た目の改善を非常に喜んでいただきました。
治療回数・期間 15回(歯茎の手術を含む)・6ヶ月
副作用とリスク 硬い物を不用意に噛んだ場合、セラミックは破折する可能性があります。
セラミック治療だけでなく、歯茎の治療も行う場合は治療期間が長くかかります。
料金 55万円(オールセラミック4本)

Case4

術前

Case4 術前

補綴物除去後

Case4 補綴物除去後

セット前

Case4 セット前

術後

Case4 術後

治療名 セラミック審美治療(クラウン1本と部分的な詰め物3本)
治療説明

奥歯銀歯のやりかえをご希望されました。
古い銀歯を除去すると、中で虫歯ができており真っ黒になってしまっていました。
虫歯治療を行い、その後オールセラミック4本で審美治療を行いました。
見た目の改善を非常に喜んでいただきました。

治療回数・期間 10回・3ヶ月
副作用とリスク 硬い物を不用意に噛んだ場合、セラミックは破折する可能性があります。
料金 30.25万円(オールセラミックのクラウン1本と部分的な詰め物3本)

Case5

術前

Case5 術前

補綴物除去後

Case5 補綴物除去後

軟組織増大手術後

Case5 軟組織増大手術後

製作直前

Case5 製作直前

補綴物

Case5 補綴物

術後

Case5 術後

治療名 セラミック審美治療(オールセラミックブリッジ)
治療説明 前歯のやりかえをご希望されました。
歯と歯茎の間に食べ物が詰まり、息が抜けてしまうという症状があったので歯茎の移植手術(軟組織増大手術)を行ったところ、症状が改善しました。その後、この患者様の特徴的な歯の色をセラミックで再現し、オールセラミックブリッジで審美治療を行いました。
見た目の改善や症状の改善を非常に喜んでいただきました。
治療回数・期間 10回・3ヶ月
副作用とリスク 硬い物を不用意に噛んだ場合、セラミックは破折する可能性があります。軟組織増大手術も行う場合は治療期間が長くかかります。
料金 41.25万円(オールセラミック3本)

Case6

術前

セラミック治療・術前

製作工程

セラミック治療・製作工程

術後

セラミック治療・術後

治療名 セラミック審美治療(ホームホワイトニング併用)
治療説明 前歯2本の見た目の改善をご希望されました。
前歯2本の間と歯茎の間に空隙があり(ブラックトライアングル)、以前行った詰め物の形態や色調があっていませんでした。ホワイトニング後、極力歯を削らずにオールセラミック(ラミネートベニア)で前歯2本に審美治療を行いました。
見た目の改善や症状の改善を非常に喜んでいただきました。
治療回数・期間 7回(ホワイトニング含む)・3ヶ月
副作用とリスク 硬い物を不用意に噛んだ場合、セラミックは破折する可能性があります。
料金 30.8万円(ホワイニング含む)

セラミック治療Q&A

セラミック治療で健康保険は使えますか?

基本的に保険適用外なので、自費診療となります。

セラミックは変色しないのでしょうか?

セラミックは陶材なので、吸水性がありません。
そのため長く使用しても変色しないという特徴を持っています。

セラミック治療では神経を
抜きますか?

「セラミック治療=神経を抜く」というわけではありません。
あくまで個々の状態で変わり、神経を抜くかどうかの判断は、金属を使った治療と同じ基準となります。

ホワイトニングとの違いは?

ホワイトニングは、専用のホワイトニング剤を使って歯を白くする施術です。
歯を削らずに白くする方法であり、セラミック治療とは全くの別物です。

一番上に戻る
電話電話 WEB予約WEB予約
日・祝
9:30~13:30
15:00~19:00※

※最終受付:18:30
:土曜日 9:30~13:00 14:00~17:00
(※最終受付:16:30)
休診日:木曜、日曜・祝日
ただし、週により祝日や学会講演のため、クリニックが休診日となる場合は、木曜診療となります。

092-791-8020
WEB予約

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7
ジェスト22ビル6F

アクセス