ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングダイレクトボンディングとは、色調・透明感の異なる多種のハイブリッドレジン(セラミックを配合した高品質な歯科用プラスチック)を欠けた・削った歯などに直接盛り付けて、審美性と機能性を取り戻す自費の治療です。また、すきっ歯の改善、歯の形・色の改善のための治療にも使用できます。
色調・透明感の異なるハイブリッドレジンを組み合わせた修復であるため、天然歯と見分けがつかないほどの美しさを取り戻すことができます。また、型取りをして詰め物・被せ物を取り付ける治療と比べて、天然歯を削る量が少ないことも大きな特徴です。

このような悩みがある方にオススメ

このような悩みがある方にオススメ

  • 金属の詰め物・被せ物を白いハイブリッドレジンに交換したい
  • 歯を削る量をできるだけ少なくしたい
  • 欠けた歯、小さな虫歯で削った歯をきれいに治したい
  • すきっ歯に悩んでいる、矯正をすすめられたが費用が気になる
  • 歯の形や色を整えたい
  • 以前に取り付けた詰め物・被せ物に不満がある

ダイレクトボンディングで出来ること

欠けた歯、小さな虫歯で削ったところを
修復できる

欠けた歯を接着できなかった場合など、ダイレクトボンディングで美しく修復することが可能です。
また、比較的小さめの虫歯であれば、型取りをせず、ダイレクトボンディングで修復できます。型取りをして詰め物・被せ物を取り付ける方法よりも、天然歯を削る量が抑えられます。

すきっ歯を改善できる

すきっ歯の隙間をダイレクトボンディングで埋めることができます。人目につきやすい前歯でも、治療をしたことがほとんど分からないほど自然に仕上がります。
矯正治療やセラミック治療と比べて治療期間が圧倒的に短く(最短1日)、費用も抑えられます。

歯の形・色を整えられる

歯の先端がギザギザしている、まわりの歯と大きさのバランスがとれていないというときも、ダイレクトボンディングでその調整が可能です。
また、歯の表側をコーティングするようにダイレクトボンディングを施すことで、色も整えられます。色調・透明感の異なる多種のハイブリッドレジンを使用するため、天然歯とほとんど変わらない見た目を再現できます。

現在使用している詰め物・被せ物と交換できる

部位や大きさにもよりますが、現在使用している詰め物・被せ物を取り外し、ダイレクトボンディングで修復することができます。特に金属の修復物を使用している方には、メタルフリー治療としてもおすすめできます。

ダイレクトボンディングの特徴

ダイレクトボンディングは、自費診療ということもあってか、患者様に意外と知られていない治療です。その特徴をご紹介します。

ハイブリッドレジンを直接盛り付けるため
歯を削る量が少ない

ダイレクトボンディングは、ハイブリッドレジンを直接盛り付けていく治療です。型取りは不要であり、そのために歯を削る量を少なくすることができます。
すきっ歯や欠けた歯の治療、歯の形・色を整える治療の場合は、まったく削らずに治せることもあります。
歯を削ることに抵抗があるという方には、特におすすめできる治療です。

欠けた前歯・前歯の隙間の治療費用を抑えられる

欠けた前歯、前歯の隙間(すきっ歯)は、一般的にすすめられるセラミック治療や矯正治療での対応となると、どうしても高額になります。
ダイレクトボンディングも自費診療ではありますが、セラミック治療や矯正治療と比べると、費用を大きく抑えられます。

歯の形・色を同時にきれいにできる

歯の形と色を同時に改善できます。こちらも、セラミック治療等と比べて、短期間、低価格での治療が可能です。

短期間での治療が可能

セラミック治療、矯正治療などと比べると、治療期間が大幅に短くなります。症例にもよりますが、最短1日で治療を完了させることができます。

ダイレクトボンディングのメリット&デメリット

メリット

詰め物・被せ物の治療と比べて、歯を削る量が少ない(削らずに済む場合もある)

型取りが不要であるため、詰め物・被せ物を取りつける場合と比べて、歯を削る量が少なくなります。歯質を大きく残せることで、歯の健康への影響が最小限に抑えられます。
小さく欠けた場合など、まったく歯を削らずにダイレクトボンディングができることもあります。

人目につきやすい前歯でも天然歯と見分けがつかないほどきれいに仕上がる

色調・透明感の異なる多種のハイブリッドレジン(セラミック配合の高品質歯科用プラスチック)を、まわりの歯とのバランスを考えながら盛り付けていきます。そのため、保険診療で使用するプラスチックとは異なり、天然歯と見分けがつかないほどの自然な美しさを再現できます。

治療期間が短い(最短1日)

型取り、またその型取りをもとにした修復物の作製が不要であるため、短期間で治療を終えられます。
最短だと1日、つまり初診のみで治療を終えられます。

ハイブリッドレジンを使用するため白さが長持ちする

保険診療で使用するプラスチックと比べて、セラミックを混合している「ハイブリッドレジン」は白さが長持ちします。定期的にメインテナンスを受けていただければ、より長く自然な白さを維持することが可能です。

幅広い症例に対応できる

欠けた歯、小さな虫歯を削った歯、すきっ歯といった幅広い症例に対応できるのがダイレクトボンディングです。
また、歯の形や色を整えたい、現在使用している詰め物・被せ物と交換したいという症例も、ダイレクトボンディングの適応となります。

矯正治療、セラミック治療などと比べて費用が抑えられる

ダイレクトボンディングは自費治療ではありますが、矯正治療やセラミック治療と比べて費用が大幅に抑えられます。大きく削った歯の治療、すきっ歯の程度がひどい場合などには適応外になることもありますが、適応となり患者様のご希望に沿うケースでは、ぜひご検討いただきたい治療です。

デメリット

  • 型取りを行わずに直接盛り付ける治療であるため、仕上がりが歯科医師の技量に左右される
  • 虫歯が進行し大きく削らざるを得ない歯、重度のすきっ歯、強く噛む歯などは、ダイレクトボンディングができない・適さないことがある
  • セラミック治療と比べると仕上がりの美しさがやや劣る

保険適用のレジンとの違い

ダイレクトボンディングでは、ハイブリッドレジンという材料を使用します。保険適用のレジンとは異なり、白い陶製の材料であるセラミックが配合されているため、強度がアップしています。さらに、セラミックほどは硬くなく、適度な摩耗性を持つために天然歯が傷つきません。
審美面でも、セラミックを配合したことにより、また色調・透明感の異なる多種のハイブリッドレジンを塗り重ねていくことにより、保険適用のレジンを大きく上回る美しさが再現できます。

ダイレクトボンディングの症例紹介

Case1

術前

ダイレクトボンディングCASE1術前

術中

ダイレクトボンディングCASE1術中

術後

ダイレクトボンディングCASE1術後

11年後

ダイレクトボンディングCASE1・11年後

治療名 ダイレクトボンディング(欠けた歯の治療 すきっ歯の治療)
治療説明 転倒して左側の2本の歯が欠けて来院されました。もともとすきっ歯だったこともあり、すきっ歯も同時に改善しました。左側の真ん中の歯はかなり大きくかけていたため、見えている部分は全てダイレクトボンディングによる修復物となりました。
10種類の色を組み合わせ、天然の歯の微細な色調を再現しています。特に歯の先端付近の透明感(薄暗い箇所)を注意深く演出しています。天然歯特有の表面性状(凸凹感)も表現し、限りなく自然な仕上がりになるよう工夫しています。
11年経過後も全く問題なく、審美性を維持できています。
治療回数・期間 2回(処置のみ その後のメインテナンスは含まず)
副作用とリスク 噛み合わせの状態によっては欠けることがあります。
料金 3.3万〜9.9万(1本あたり)

Case2

術前

術前

術前

色合わせ

色合わせ

ラバーダム防湿

ラバーダム防湿

術後

術後

術後

術前術後比較1

術前術後比較1

術前術後比較2

術前術後比較2

治療名 ダイレクトボンディング
治療説明 上の横の前歯の隙間を埋める審美治療をご希望されました。治療法にはダイレクトボンディングとラミネートベニアがあり、今回は患者様の希望でイレクトボンディングを行いました。世界標準のラバーダム防湿を使った無菌的、精密虫歯治療を行い、審美的治療を行いました。患者様は『どこを治療したか全く分からない!!すごく満足です!!』と喜んでいただけました。
治療回数・期間 2回・2週間(ホワイトニングを除く)
副作用とリスク 型取りを行わずに直接盛り付ける治療であるため、仕上がりが歯科医師の技量に左右される。
料金 3.3万〜9.9万(1本あたり)

Case3

術前

ダイレクトボンディングCASE2術前

術中

ダイレクトボンディングCASE2術中

術後

ダイレクトボンディングCASE2術後

治療名 ダイレクトボンディング
治療説明 虫歯の治療を銀歯ではなく、ダイレクトボンディングで行いました。
奥歯の微細な構造を表現し、溝の部分に色をつけることで限りなく天然の歯に見えるよう工夫しました。
患者様は仕上がりに大変満足して下さいました。
治療回数・期間 2回(処置のみ その後のメインテナンスは含まず)
副作用とリスク 噛み合わせの状態によっては欠けることがあります
料金 3.3万〜9.9万(1本あたり)

Case4

術前

術前

ラバーダム防湿

ラバーダム防湿

う蝕除去時

う蝕除去時

術後

術後

術前術後比較

術前術後比較

治療名 ダイレクトボンディング 2本分
治療説明 奥歯の歯と歯の間の虫歯治療を行うにあたり、再発のリスクが最も少ないダイレクトボンディングによる治療をご希望されました。世界標準のラバーダム防湿を使った無菌的、精密虫歯治療を行い、『極限まで歯を削る量を少なくした上で』審美的治療を行いました。
治療回数・期間 1回
副作用とリスク 型取りを行わずに直接盛り付ける治療であるため、仕上がりが歯科医師の技量に左右される。
料金 3.3万〜9.9万(1本あたり)

Case5

術前

ダイレクトボンディングCASE3術前

術後

ダイレクトボンディングCASE3術後

治療名 ダイレクトボンディング(銀歯のやりかえ)
治療説明 銀歯を審美的にやりかえたいという希望があり、ダイレクトボンディングを行いました。
奥歯の微細な構造を表現しました。
患者様は仕上がりに大変満足して下さいました。
治療回数・期間 2回(処置のみ その後のメインテナンスは含まず)
副作用とリスク 噛み合わせの状態によっては欠けることがあります。
料金 3.3万〜9.9万(1本あたり)

Case6

術前

ダイレクトボンディングCASE4術前

術前虫歯除去後

ダイレクトボンディングCASE4虫歯除去後

術後

ダイレクトボンディングCASE4術後

治療名 ダイレクトボンディング
治療説明 虫歯によって前歯が黒くなっており、審美的な改善を希望されました。
色はもちろんのこと、歯の質感などをダイレクトボンディングにて詳細に復元しました。
患者様は仕上がりに大変満足して下さいました。
治療回数・期間 2回(処置のみ その後のメインテナンスは含まず)
副作用とリスク 噛み合わせの状態によっては欠けることがあります。
料金 3.3万〜9.9万(1本あたり)

Case7

治療前(色合わせ)白黒

治療前(色合わせ)白黒

治療前(色合わせ)

治療前(色合わせ)

治療2年後

治療2年後

治療名 ダイレクトボンディング(すきっ歯の改善)
治療説明

左の前歯の隙間(すきっ歯)を埋めることを希望されました。
まず、治療開始前にレジンを歯の上に直接乗せ、色合わせを行い、患者様に確認いただきました。
さらに慎重に色合わせを行う工夫として、写真を白黒に加工してから再度確認しました(より精密に明るさをあわせるための工夫)。
最終的には自然な仕上がりとなり、どこに詰め物をしたのかが全くわからない状態となりました。
患者様には大変満足していただきました

治療回数・期間 2回(処置のみ その後のメインテナンスは含まず)
副作用とリスク 噛み合わせの状態によっては欠けることがあります
料金 3.3万〜9.9万(1本あたり)

Case8

術前

ダイレクトボンディングCASE5術前1

術後1

ダイレクトボンディングCASE5術後1

術後2

ダイレクトボンディングCASE5術後

治療名 ダイレクトボンディング
治療説明 詰め物が外れたということで、来院されました。
これ以上大きく削らずに審美的な修復を修復を希望されましたので、ダイレクトボンディングを行いました。
色や形を綺麗にすることはもちろん、上から見た時の歯の先の部分の茶色のステインを入れ、隣の歯と調和するようにしました。
患者様は仕上がりに大変満足して下さいました。
治療回数・期間 2回(処置のみ その後のメインテナンスは含まず)
副作用とリスク 噛み合わせの状態によっては欠けることがあります。
料金 3.3万〜9.9万(1本あたり)

ダイレクトボンディングのQ&A

 歯を白くしたいのですが、ダイレクトボンディングで自然な白さになるのでしょうか?

セラミックが配合され、透明感・色調の異なる多種のハイブリッドレジンを歯の表面に盛り付けていくことで、“人工物感”のない、自然な白さが再現できます。

どうして、ダイレクトボンディングなら歯を削る量が少なくなるのでしょうか?

詰め物・被せ物の治療と異なり、型取りをしたり、コアを立てる(被せ物の場合)必要がなく、ハイブリッドレジンを直接盛り付けていくため、歯を削る量が抑えられます。 すきっ歯や欠けた歯の治療、歯の形・色を整える治療の場合は、全く削らずに済むこともあります。

歯の形に不満があります。
ダイレクトボンディング以外の方法はどのようなものがありますか?

セラミッククラウン、ラミネートべニアなどのセラミック治療がその代表です。非常に美しく仕上がりますが、セラミッククラウンでは必ず、ラミネートべニアでは多くの場合、歯を削ることになります。また、費用も高額です。 ダイレクトボンディングであれば、症例にもよりますが、歯を削らずに形を整えることが可能です。また、費用が抑えられ、治療期間も短くなります(最短1日)。 当院ではセラミック治療にも対応しております。迷われているようでしたら、一度ご相談ください。

前歯のすきっ歯が気になっています。
矯正治療とダイレクトボンディング、どちらがいいでしょうか?

全体的な歯並び・噛み合わせに問題がある場合などは、まず矯正治療を検討した方がいいでしょう。 ただ、「前歯のすきっ歯」だけが問題であるならば、ダイレクトボンディングによる治療の方が、短期間で、かつ費用を抑えられます。 どちらがいい、とは一概には言い切れません。よろしければ、一度当院にご相談ください。

歯が欠けてしまいました。ダイレクトボンディングで治せますか?

はい、可能です。ダイレクトボンディングによって、きれいに修復できます。 ただ、欠け方が大きかったり、神経が露出している場合には、ダイレクトボンディングができないことがあります。いずれにせよ、歯が欠けたままにしておくのは危険ですので、お早目に、できればすぐご相談ください。

一番上に戻る
電話電話 WEB予約WEB予約
日・祝
9:30~13:30
15:00~19:00※

※最終受付:18:30
:土曜日 9:30~13:00 14:00~17:00
(※最終受付:16:30)
休診日:木曜、日曜・祝日
ただし、週により祝日や学会講演のため、クリニックが休診日となる場合は、木曜診療となります。

092-791-8020
WEB予約

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7
ジェスト22ビル6F

アクセス